大学生のためのインターンシップ情報。インターンシップを探すなら、「JS インターンシップ」!

会員登録 (無料)

COLUMN「就業体験」は、大学教育においてますます重要視されています。

就業体験が大学教育の場でも重視されてきていることを示す、2つの事例をご紹介します。

  • 単位がもらえる単位認定型インターンシップ
  • 早稲田大学から社会連携教育プログラム

1年々増加傾向にある大学の単位認定型インターンシップ

公募型インターンシップの増加とともに、インターンシップを授業の単位として認定する大学が増加しています。下記「大学における単位認定型インターンシップ実施校数と参加学生数の推移」のグラフから分かるように、単位認定型インターンシップを実施する大学が平成10年に143校だったのに対して、平成27年には581校と約4倍に増加しており、全体の7割を超える大学で実施されています。このように大学の学びにおいても、将来の仕事への意識を高めるため、インターンシップによる就業体験がますます重要になってきていることが伺えます。

大学の単位認定型インターンシップの種類や期間、単位認定されるための仕組みなどは各大学によって異なりますので、参加を検討する人は大学のキャリアセンターやシラバスで、詳細を確認するようにしましょう。

大学の単位認定型インターンシップ実施率大学における単位認定型インターンシップ実施校数・参加学生数の推移

2~早稲田大学の事例から~
企業・学生の双方にメリットを生み出す社会連携教育プログラムを大学が創出

早稲田大学では2007 年8 月に、企業と大学が共通する一つの目的に向かってプロジェクトを遂行する「プロフェッショナルズ・ワークショップ」と呼ばれる社会連携教育プログラムをスタートしました。企業が実際に抱えている課題に対して、さまざまな学部・研究科、異なる学年の学生たちがチームを組んで、学生ならではの視点で課題解決に取り組みます。
プロフェッショナルズ(企業担当者)の指導、監修のもと、課題抽出・分析・フィールドワーク・グループワークを通じて課題解決の具体的提案まで導き出し、最終報告では経営トップに提案を行います。
通常の就業体験型インターンシップとは異なり、企業から学生への一方的な就業体験の提供に終わるのではなく、社会を学びの場として企業・学生の双方が気づきを得ていく社会連携教育プログラムというところに特徴があります。2017 年度までに累計73 のワークショップを実施し、のべ970 名もの学生が参加しています。

プロフェッショナルズワークショップ

参加学生のメリット

  • 社会人の姿勢、意識を学ぶ
  • チームとして答えを出す難しさを学ぶ
  • 正解のない課題に挑み、考え抜く力を養う など

参加企業のメリット

  • 学生視点の斬新な発想、アイデアを企業活動に活かす(商品化、事業化)
  • CSR 活動(次世代を担う若者の育成)の取り組みとして紹介
  • 社員研修(指導力の育成等)の一環としての活用 など
早稲田大学「プロフェッショナルズ・ワークショップ」の主な流れ(例)
時期 内容
4〜5月
ワークショップ内容の確定
テーマ(課題)、実施概要を定め、募集要項を確定。
6月
学生募集
学部(研究科)・学年を問わず、早稲田大学の正規学生を対象として参加者を募集。
応募・選抜
志望理由と面接により選抜。
7月
合同オリエンテーション
全ワークショップの参加者が一堂に会し、ワークショップを円滑に進めるために必要となる基本スキルについて学ぶ。
キックオフミーティング
プロフェッショナルズと学生の顔合わせを行い、自己紹介、スケジュールの共有、企業の概要説明などを行う。
8月
導入講義
プロフェッショナルズからテーマ(課題)に関連する講義を受講。
グループワーク
課題に対してどのような提案ができるか、プロフェッショナルズと一緒に、何度も話し合いを行う。
議論を重ね、研鑽を繰り返す中で、学生の斬新な発想が生まれる。
フィールドワーク
企業のことをよりよく知るために、事業の活動拠点となる施設や場所等、実際の現場を訪ねる。
テーマ(課題)によっては、関係者にインタビューを行ったり、調査を実施。
9月
中間報告会
8月下旬から9月初旬に企業関係者を招いた中間報告会を実施。提案の進捗状況を確認するとともに、
プロフェッショナルズからフィードバックを受け、最終提案に向けての問題点を明確にする。
最終報告会
企業の最高経営責任者、役員を前に、最終提案を報告する。
振り返り
報告会の後に振り返りの時間を設定し、学生自身の言葉で活動全体を振り返り、
プロフェッショナルズや大学職員からの率直な感想やフィードバックを行うことで、教育効果を高める。

※早稲田大学 HP より