大学生のためのインターンシップ・1Day仕事体験情報。インターンシップ・1Day仕事体験を探すなら、「JS インターンシップ」!

会員登録 (無料)

オンライン面接時に
気をつけたいチェックポイント〜実践編〜

急速に普及が進むオンライン面接。従来、対面(オフライン)で行われていた面接との違いに戸惑う人も多くいると思います。しかし、手段の違いはあれど企業の評価基準に対面・オンランでの違いはありません。大切なことは、面接を通じて自分の魅力を最大限表現すること。前回の準備編に続き、今回は実践編として、オンライン面接時に気をつけておきたいポイントを紹介します。
→準備編はこちらの記事をチェック『オンライン面接時に気をつけたいチェックポイント〜準備編〜』

オンラインならではの立ち振る舞いをチェックしよう!

冒頭でも紹介した通り、対面・オンラインの違いはあっても面接の評価基準に変わりはありません。一方で、受験者にとっては目の前に人に話すか画面に向かって話すかで勝手が大きく違うのも事実。オンライン面接ならではの立ち振る舞いポイントを見ていきましょう。

オンラインならではの立ち振る舞いをチェックしよう!

①目線

対面では面接官の目を向かって話すように、オンライン面接ではデバイスのカメラに向かって話をするようにしましょう。面接官の映像が映るからといって画面ばかり見てしまうと、面接官からはよそ見をしているように映ってしまいます。カメラ=面接官の目というイメージで目線を送るようにしましょう。

①目線

②声の大きさ

基本的には普段目の前にいる人と話す声量より少し大きめを意識しましょう。声が小さすぎればマイクがあなたの声を拾えず相手に届きません。万が一、声量が大きすぎても相手が音量を調整できるので心配はありません。

③話のテンポ

オンラインではどちらかの通信環境によって音声にタイムラグが発生する可能性があることを意識しておきましょう。発言中にかぶせて発言しないように、面接官の発言が終わっても、ワンテンポ置いてから発言するようにしましょう。自身が発言する際にも、発言の終わりがわかりやすいようにテンポよく話すことを心がけましょう。

④表情

面接官が画面の中の限られた視覚的要素の中から得られる、学生の表情は印象を左右する大切なポイントになります。面接中は口角を上げ、自然な笑顔で良い印象を与えましょう。面接が終了しても面接官との接続が切れるまで油断は禁物です。

オンライン面談の設定をしよう

オンライン面談のツールは様々なものがありますが、ここでは今最も利用されているzoomの設定方法をご紹介します。詳しい内容は以下のボタンからマニュアルをダウンロードして確認してください。

最後に

これまで準備編・実践編でオンライン面接について解説をしてきましたが、いかがだったでしょうか。急速に広まった新しい面接スタイルで、慣れないことに不安を覚える人も多くいると思います。しかし、慣れ親しんだ場所で参加することができる、企業訪問の手間が省けるなど、オンライン面接にもメリットがたくさんあります。

「案ずるより産むが易し」ということわざが表す通り、まずは友人と協力しながらビデオ通話に慣れていくことからはじめてみましょう。うまく取り込むことができれば、従来の面接スタイルよりも、あなたらしさをアピールできる面接スタイルになるかもしれません。